独学で行政書士の試験に挑むポイントを伝授

エプロン姿の人

就職率の高い資格

保育士資格を取得するためには、専門学校や短期大学、4年制大学に進学するのが一般的です。学校の中には、卒業時に保育士資格が取得できる認定校もあるので、学校選びのときには、事前に調べておくことが大切です。

保育士と子供

何をするのか

昔から人気を集めている保育士になるには、大学に通う必要があります。ここで保育に関する知識をしっかり身に付け、実際に幼稚園や保育園に行き実習を行なえば、保育士の資格が取得できます。

幼稚園

通信制の学校で資格取得

通信制大学であっても、文部科学省が認定した学校であれば幼稚園教諭免許を取得することができます。通信制大学の魅力は学費が安いことにあります。学校によって異なりますが、4年間でのトータルが60〜100万円前後の学校が多いです。

生活に役立つスキルです

計算

法を知るメリットとは何か

行政書士の資格を取得しても、行政書士として活動していなければただの資格保持者となるだけです。独立して活動することで、初めて行政書士となることができるといわれています。しかし資格を取るだけでもその知識は生活の中でも十分役立てられる知識となり、将来何かトラブルに巻き込まれても対処できるようになります。そのため独学で勉強しながら、試験に合格していなくても又は受験していなくても、その知識を活かして問題解決につなげることができます。なぜ生活の中で役立つ知識となるのかといいますと、行政書士の資格を取るためには行政法はもちろん知らなければなりません。しかしそれだけでは合格することはほぼ不可能です。行政書士の資格取得の勉強をするのであれば、行政法だけでなく憲法や民法、商法も知っていかなければならないからです。相続問題、離婚問題、親権問題、金銭トラブルなど生活の中にはさまざまなトラブルが起こるものです。それらの問題を対処するすべを、行政書士の勉強で習得することができるのです。法を知ることは大きなスキルであり、わざわざ学校に通わなくても独学で勉強することができる教材はいくつもあります。参考書やテキストなど独学で勉強する人のために販売されている本がたくさんあるほか、インターネットで検索すると独学での勉強法をいくつも載せてくれているサイトやブログを見つけることができます。資格は取得してナンボとなるかもしれませんが、法を知ることにより頼れる存在となることもあります。